結婚式後の水引どうしてる?不器用人間が水引アートつくってみた

ふたりライフ

こんにちわ、不器用人間 カワハギです*

結婚式の際にいただいたご祝儀の水引を使ったアートをつくってみました~*

ハート型がかわいい♡

制作は1時間くらい

必要な材料は、

  • 水引
  • コルクボード(A4サイズ)
  • ハサミ(最後に形を整えるのに使用)
  • グルーガン(ダイソーで入手可能!接着剤で代用可)

コルクボードもグルーガンも100均で手に入るので、手軽で挑戦しやすいですよね♪

ではさっそく作り方をご紹介~

作り方

①水引を色別に仕分けする

だいたいでいいのですが、色別に分けておきます。

こうすることで、水引の色味がごちゃごちゃにならずに見栄えがよくなります。

水引によっては金と赤が混ざってたり、白と赤が混ざってたりして、完全に分けるのは無理なのですが、だいたいでいいです(笑)

もう感覚で、なんとなく白っぽい!とかで分けてください!

私の場合は、青系、水色系、黄緑系、白系、金色系、ピンク系、赤系で分けました。

左側が寒色系、右側が暖色系になるように水引を並べておきます。

②ボードにハートの土台となる水引きを置いてみる

ハートのイメージができたら、そのイメージに沿って、ハートの縁の部分となる水引きを並べてみます。

グラデーションを意識して、ハートの左側には青や水色などの寒色系、右側にはピンクや赤などの暖色系の水引を使いました。

まだグルーガンは使わなくてOK

全体のハートのバランスをみてみます。

この時、水引きを置いた場所に鉛筆などでマークをつけておくと、

グルーガンを使用するときにわかりやすくていいと思います。

③水引をボードに接着

バランスよく並べられたら、いよいよ接着します。

ハートの縁を接着し、次は中の部分を接着。

左から、青系→水色系→黄緑系→金系→白系→ピンク系→赤系で貼り付けました。

ハート型にするコツは、ハートの上の丸いところには丸みがある水引を使用することです。

多少、水引の紐がハートから飛び出ると思いますが、そこは最後に整えるので気にしなくて大丈夫です。

④ハサミで余計な部分をカット

最後にハサミで、縁から飛び出ている邪魔な部分の紐をカットします。

以上4ステップでできます!

簡単なので、不器用人間な私でも1時間で作ることができました♪

皆さんも結婚式の思い出に水引アートぜひ作ってみてください*

ふたりライフ
まりもをフォローする
プロフィール
まりも

こんにちわ。まりも夫婦です。
20代会社員の夫「まりも」と20代看護師の妻「かわはぎ」の2人でブロガーやってます。
夫婦歴2年目ながら、交際歴は10年という熟年カップルです。
映画が大好きで映画のレビューを発信中
日常生活上の発見や工夫を発信してます。
マリモを育てるのにハマっていた時に妻から「まりも」と命名されました。
ブログ内のイラストはかわはぎが作成しています。仕事の依頼はお問い合わせフォームからお願いします*

まりもをフォローする
まりものふたりライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました