①まりもおすすめ映画

おすすめ映画

ブログをプレゼントしてもらい好きなことを書きな。とカワハギに言われ、僕の好きなものは映画だ!

と思い最近観た映画について書いていこうとおもいます。

私は、Amazon Prime Netflix Disney+に登録しており、暇さえあれば映画を見ています。

今回は洋画のおすすめを紹介していきます。

ショーシャンクの空に

妻殺しの濡れ衣を着せられ、ショーシャンク刑務所に囚われた銀行員アンディ(ティム・ロビンス)は

長年ショーシャンク刑務所に収監されている調達屋の囚人レッド(モーガン・フリーマン)と心を通わせ、

友情や刑務所内で巻き起こす物語を描いている。

主人公が雨に打たれている表紙は1度は見たことがあるのではないでしょうか。

無実で収監されただけでなく看守や他の囚人に理不尽な仕打ちを受け、

観ているだけで可哀そうな話だが囚人レッドや他の仲間たちと友情を深め

元銀行員としての知識を活かし刑務所内で大きなことを成し遂げていく姿に引き込まれていく。

囚人レッドはそんなアンディの内面に一早く気づき彼に魅かれ、

今まで忘れていた希望をみる。

自由とは。。。希望とは。。。

そんな普段考えてないようなことを考えさせられる映画でした。

感動のラストは見てほしいですね。

有名だけど観てない あなたにおすすめです。

グリーンブック

ニューヨークのクラブで用心棒として働くトニー・リップ(ビゴ・モーテンセン)は

無教養で暴力的だが、口が達者で問題解決能力に優れており、

周囲から頼りにされる人物であった。

クラブが改装するため一時的に無職になったトニーは

ドクターシャーリー(マハーシャラ・アリ)という人物から仕事を依頼されるのだった。

黒人ジャズピアニストであるシャーリーを人種差別が色濃く残るアメリカ南部へ

無事ツアーに連れていく運転手として雇われ

黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに同行するのでした。

人種も性格も違う2人は、衝突を繰り返し、次第に友情を深めていく。

絶対に合わない2人が出会い、どうなるのだろうと思って観ていました。

お互いが知らなかった世界を共有し、

分かり合っていけば友情が芽生えその輪は広がっていく。

そんなことを教えてくれる映画です。

人種差別という難しい問題を題材にしているが、どこか爽快で重々しくないところがとてもよかった。

この話は実話をもとに作られており、

トニーの実の息子ニック・バレロンガが製作・脚本を手掛け父であるトニーとシャーリーの絆を映画化したそうです。

こんな素晴らしい出会いがあれば映画にしたくなるのはわかりますね。

素敵な友情をみたい あなたにおすすめです。

華麗なるギャッツビー

1920年代のニューヨーク、ロングアイランド。

豪邸に暮らす謎の大富豪ジェイ・ギャッツビー(レオナルド・ディカプリオ)は、

毎夜のように豪華絢爛なパーティを開いていた。

彼がなんの仕事をしているか、素性を知っている者は誰もいない。

そんなある日、

豪邸の横に引っ越してきた青年ニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)にパーティの招待状が届く。

パーティに向かうとそこには謎の大富豪ギャッツビーが姿があった。

ギャッツビーはニックに自分の生い立ちを語り始めるが、

あまりに出来すぎた話に何か隠していると直感するのでした。

だが、どこか秘密めいたギャッツビーに魅かれていく。。。

謎の大富豪がなぜ毎夜豪華絢爛なパーティを開くのか。

なぜ隣人のニックに自分の生い立ちを語るのか。

謎は深まるがいいテンポで物語が進みどんどん引き込まれていく。

また、映像が美しく豪華絢爛なパーティをより良く見せている。

ギャッツビー(レオ様)が姿を現したときの笑顔で振り返るシーンがイケメン過ぎ

鳥肌が立ちました(笑)

そのあともずっとイケメンでした(笑)

ラストは衝撃の展開…

ギャッツビー役のレオナルド・ディカプリオとトビーマグワイアはプライベートでも大の仲良しでこの作品で共演できるのを喜んだそうです。

“極上の笑顔”を見たい あなたにおすすめです。

おすすめ映画
まりもをフォローする
プロフィール
まりも

こんにちわ。まりも夫婦です。
20代会社員の夫「まりも」と20代看護師の妻「かわはぎ」の2人でブロガーやってます。
夫婦歴2年目ながら、交際歴は10年という熟年カップルです。
映画が大好きで映画のレビューを発信中
日常生活上の発見や工夫を発信してます。
マリモを育てるのにハマっていた時に妻から「まりも」と命名されました。
ブログ内のイラストはかわはぎが作成しています。仕事の依頼はお問い合わせフォームからお願いします*

まりもをフォローする
まりものふたりライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました